M性感 DIANA(ダイアナ)

悶絶快楽風俗情報サイトDIANA

変態・ド淫乱のマニアな情報に配信中!

普通で缶コーヒー、勃起でペットボトル

ヘビー級のア〇コ

私があるお客さんのチ〇ポで淫乱になってしまった話です。
そのお客はフリーの新規でした。
関東から出張で初めての地域でデリヘルを呼ぶのに結構迷ったみたいです。
そんな時にデリヘルを鹿児島で検索するのに持って来いのサイト「鹿児島デリヘル専門 デリかご」を見つけ私を指名して下さいました。
多くのデリヘル店を丁寧に紹介し、お店ごとの評価もとても役立ったようです。
ホームページの写真と店長のススメもあって私を指名してくれました。
私は指定されたビジネスホテルに到着しいざプレイを始めようと彼の服を脱がすと目が飛び出そうでした。
チ〇ポがとてつもなくデカイ!
勃起していない状態でも缶コーヒーほどもあります。
私の驚く表情に気付いたみたいで、
「俺、このサイズなもんだから彼女も出来なくて風俗で発散してるんだ。無理ならいいからね(笑)」
笑顔の裏に寂しさを感じました。
そんな事より興味があったのがこれがMAX勃起したらどれぐらになっちゃうんだろうという恐怖と期待。
まあともあれフェラチオをと思って一咥えしたのですがアゴが外れそうで大変。
その大きさたるや500mlのペットボトル並みです。
彼はあまりの大きさに風俗でもなかなか挿入が出来ないと嘆いていたので、本来本番は禁止なのですが私も入るか試みました。
その大きさに撃沈。
しかしローションをたっぷり塗ればと思いいざ再挑戦。
こうなったらこちらも本気モードです。
やっとの思いで先っぽが入るとゆっくり小刻みにピストンしてもらい私のアソコも徐々に拡張。
どんどん奥まで入ってくるともうローションだけではなく私の汁も混じっりついに根元まで入った。
私は、
「ゆっくり、ゆっくり」
激しくピストンしないようにと促す。

大満足

私は初めての大きさに悶絶。
次第に気持ち良くなってきました。
すると今まで感じたことない大きさのものが奥の奥まで突き上げる感じに自然と喘ぎ声も大きくなり、
「あ…あぁぁぁぁ…もっとお願い」
と自分から求めていました。
彼も久しぶりのセックスに燃え騎乗位になりガンガン突いてきます。
我慢出来ずに一度絶頂するともう止まりません。
いったい何度イッた事でしょう。
蜜壺から溢れ出るマン汁とほとばしる汗。
もう意識が飛びそうになるぐらいでいつの間にやら涎が出ていました。
彼もその姿に興奮し、
彼「もうイキそうだ」
私「もう好きなところに出して…」
彼「じゃあ中に出すよ」
私「早く出して、壊れちゃう!」
その瞬間ドクッ、ドクッと精子が私の膣に注ぎ込まれた。
それから出張の間彼は私を毎日指名してくれ濃密な時間を過ごしました。
ただ彼の巨根のせいで私のアソコはガバガバになってしまいしばらくは元に戻りませんでした。
出来ればもう一度お願いしたいです。

最新記事